読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

露天風呂

新しいテキストドキュメント

hogeeeeeee

今晩はサーバーが晩御飯。鯖缶。タバコはもうない。酒は2日飲んでない。

お米に味噌汁に缶詰FEVER、耐えれないことは目に見えて明らか。

貴方は、コンビニへ、行く。

天気予報は無視して。晴れると信じている方がきっと楽しい。

しかし、財布に入っているお金は日本で8円の価値しか無い小銭。

この戦いに勝利するには私の宝具、約束された便利のATMを使用することになるでしょう……。

所謂、時間外と云われふ刻。故に小生銀貨数枚失われ、湯音を悼める。

そういえば今日は何も食べてないんじゃないか、やけに腹が減ったと思った頃だ。

これからの時間を思うと憂鬱になる――全くツイてない。

俺は、最近上達した珈琲を淹れることにした。

堕ちゆく赤黒き雫は堕天使が流す優しき涙、許されじ過去に抱えた背中の罪。

初めて約束を破った日、君は涙を流した。

それが最初の嘘だと君は気づかない。僕も知らない。

胸を切り裂かれるような苦痛に耐え、ここまでたどり着いた貴方なら否定できる。

「アッペンピョーン・マグナム!!!!!!!!!!」

さて、そんな明日見ると恥ずかしいようなポエムを考えている間にコーヒーが出来上がりました。

お湯のようにガバガバ飲めるコーヒーが好みです。お湯で薄めます。

これがアメリカンドリーム……。

 

俺将、冷蔵庫にワインがあることを思い出す。

ええもんあったわ!コーヒーなんていらんかったんや!