読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

露天風呂

新しいテキストドキュメント

「あれは――」

口を開くより先に"あれ"は到達した。当然、何なのかも聞けぬまま。

見るに耐えない強烈な閃光に目を閉じた。残光で白く染まった視界。

腕を日除けのかわりにしながら薄く目をあける。ケチャップをかけすぎたオムライスのような味が口に広がった。

俺は余熱したオーブンに入れられたのか!

 

 

お引越し面倒くさい。