読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

露天風呂

新しいテキストドキュメント

そわそわして夜にドライブ、凄まじく恐ろしい目にあった。

一年NB6に乗って、常用域では乗りこなせる自信があったけど全て崩れ落ちたなあ。

ショックでフワフワするから勢いで書き上げよう。これで反省じゃけえ。

ことは山道、軽い峠のようなお気に入り道路。

今思えば走っている時、12月あたりから路面に凍結防止剤が巻いてあったのは覚えているし……もっと気をつけるべきだった。

完全に慢心と油断や!やっちまったなあ。

 

 

行きから引き返し、逆から走っていた時のこと。

凄まじく路面コンディションが悪い、当然グリップは最悪。普通に40kmくらいで走っていても滑るリア。ストレスはたまる。

全然踏めない。NB6のオーバーステアはこういう時に度が過ぎて出過ぎる。

「それでも一度くらいはやっとかないとなあ」と突っ込んでクリアしようとした70度ほどのタイトな右コーナー。

姿勢が多少崩れても立て直す過信はあったし、実際それまではできてた……はず。

コーナー侵入前、車を右に向けて流そうとした時であった……。

頭がインを向いてブレーキを抜き、アクセルを少し踏んだところで完全にコントロールロスト。

もうハンドル操作を受け付けない。ここで失敗に気づいた。

アクセル踏んじゃいかんかった!踏むにしてももっと抑えて踏まなきゃいかん!

凍っていたのか、はたまた凍結防止剤に引っかかったのか……ハンドル操作が全く効かなくなった……。

完全にグリップを上回っちまったんだちくしょう!

段差舗装のおかげでタイヤが接地していない。グリップは戻ってこない!あーもう!

右足にはABSの感覚。コーナーを真っ直ぐ猛進するNB。

「これはいかん!」と反射でブレーキをかけてもスピードが落ちる気配は無し。

「あーだめだこれあー!!!!!!!!!!」

 

目の前には土の斜面。斜面手前には排水溝がある。

見るからにでかい石はあるわちょうど突っ込むであろう位置にはデカイ木が……。

間違いなく壊れる。このまま突っ込んだら間違いなく!!!!!!!

 

ザゴッ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ああ、そのまま斜面へ突っ込んだ。哀れなNB6。

オーバースピードだったんだ……。ごめんよ僕が下手なばっかりに!

悲しくも斜面に乗り上げたおかげでコントロールが復活。止まらないけど。

乗り上げて右に切り、奇跡的に木にも当たらず排水溝にタイヤをハメることもなく道路へ復帰。

これはもうテクニックでもなんでもなく、ただただ偶然こうなっただけだなあ。

 

その後自販機前に車を止めて状態を確認。

もう見てられないレベルで壊れているのも想像したけれど、バンパーの下側をゴリっているだけだった。

きっと車高調を入れていれば斜面をかけあがれもせずに、そのままバンパーをぶつけていたよー!!!!!!本当1cmの差。

純正の柔らかいバネも味方した。

明日このキズをなんとかしながらまた反省しようー……。