読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

露天風呂

新しいテキストドキュメント

カープは開幕カード2勝1負け。

優勝したかのような盛り上がりです。

このスポーツチャンネルのような野球CMが流れまくる我が広島県のテレビが、10月まで続くことを願います。

 

 

今日のお話は新型S660、ホンダの軽スポーツと名乗り世にでる新型マシン。

 

f:id:roten:20150330122056j:plain

 

ヤフートップで発表された発売日は4月2日という誕生日かぶり……運命を感じる設定。

今のNBも11万キロに到達、次の車検時には老い先短いであろう為に万が一……買い換える車を探している私にはベストタイミングです。

そこで日本の誇るF1メーカー、ホンダのバブル以来なお遊び軽四S660を調べてみました。

信頼性という言葉は今や昔。一番壊れるF1メーカーことホンダ。

果たして新型シビックRとは違う、2シーターコンバーチブルとして戦える車なのか……。

外見を見るにビートを初代プレイステーションのポリゴンで作った形。

美的感覚は様々ですが、かっこ良くはありません。

 

スポーツカーとして気になるのはその走行性能。

エンジンルームの中身から見てみましょう。

 

f:id:roten:20150330122347j:plain

 

製作者は書道家なのでしょう。墨汁をこぼしたに違いない。

そうでもなければ、今どき「スポーツカー」でボンネットの中身が真っ黒なことはありません。

ホンダのRシリーズでもエンジンヘッドは誇り高きVTECの証明、赤く塗られていました。

新型コペンもきっと……ものすごい見づらい公式ホームページでは見つけられませんでした。

では新型ロードスターはどうでしょう。

MX-5として海外で人気を誇るロードスターはこれです。

 

f:id:roten:20150330123006j:plain

 

「エンジンヘッドをファンは磨き上げ、ピカピカにしている」

その声を聞いたマツダは、新型ロードスターのエンジンヘッドにアルミを採用。

S660のエンジンヘッドは樹脂、それもそうNシリーズの心臓部を使っているのです。

 専用にチューンを施してあるとのことですが、Nシリーズです。

専用にチューンを施したといえば聞こえはいいですが、要するに燃費を悪くしただけ。

そのまま載せたほうがいいのではないかとすら思えます。

仕方がありませんこれは軽四区分、希望としてはデチューンを施したVTECを載せて欲しいところですが期待するだけ酷でしょう。

高速道路でプリウスに抜かれるスポーツカー……問題ありません。

スポーツカーとは内装です。

乗ることにより楽しさ、そして充実感。

気持ちを引き立てるスポーティーな内装。そしてシンプルさ。

スポーツカーとはシンプルが根源にあるのです。

スーパーカーとは違い、グランツーラーとも違う。

内装がよければ、それは名車となるのです。

 

f:id:roten:20150330124244j:plain

 

what the fuck?!

間違えてフィットの写真を見てしまったんですか?

安っぽいウィンドウスイッチでそれでも狭い車の幅を取り、シフトノブの後ろには謎の収納。

サイドブレーキは軽トラックのようです。

ファミリーカーのスポーツグレードからそのまま流用したようなハンドル。

軽自動車で一番重要なのはシフト周辺です。

狭さから操作性が悪化しますが、このS660も例に漏れずスペースを取れていません。

これは軽自動車なら仕方がないのでしょう。

私が試乗したコペン以外は。

 

f:id:roten:20150330124658j:plain

 

軽自動車であるのに、乗用車と同じくらいのスペースがシフト周囲にとられています。

これならば同乗者がいるときにでも、シフト操作は快適に行えます。

前モデルのコペンではこのスペースが狭く、窮屈になってしまっていました。

 恐らくS660を開発したチームは全員オートマチック限定免許しか持っていなかったのでしょう。

しかも電動のハードトップトップを搭載しています。

 

f:id:roten:20150330125035j:plain

 

メーターもひどい。

これじゃションベントイレです。

 

f:id:roten:20080923134010j:plain

 

どこが違うんでしょう。

回るとは思えない8000回展にレッドゾーンが設置されています。

NAエンジンではなくターボです。NBOXの。

割りきって上を8000にして6000からレッドゾーンにすれば、まだ気分も違ったでしょう。

ここまで見て思うのは、多分走るには走るんだろうということです。

ただ売れることはないでしょう。

ワゴンRが欲しい僕と同年代の日本を破壊する予備軍には力不足。

2シーターが現実的な高年齢層には、もっと豊富な選択肢があるからです。

いい格好したいのに乗る車ではなく、スポーツカーが欲しいならそもそも軽四というカテゴリーに乗るべきではない。

200万円でS660を買うならば、100万円以下で昔のスポーツカーを買うでしょう。

実に意味の分からない車です。

新型コペンは試乗し、すごくいいクルマだったので乗れば違うんでしょうか。

 

f:id:roten:20140311003329j:plain

 

でもどうせならこっち買います。